【PUBGプレイヤー必見】意外と知られていないマウスパッドの重要性

皆さんこんにちは。早速ですが、皆さん、今マウスパッドは何を使っていますか?

有名なのは、Steelseries、Razer、Logicoolといったところでしょうか。

 

しかし、実際購入する時に、マウスパッドは「マウスと同じメーカーで揃えたい」とか、「よくわからないからサイズ以外は適当で」という理由で選ばれがちな感じがします。(実際私のフレンドもほとんど適当に買っている)

 

そこで、今回はマウスパッド一枚でも、大きな違いがあるということを書いていきたいと思います。

触っただけではわからない!PUBGでのマウスパッドの重要性

と言われても、柄や大きさ以外違いがわからない、という人も多いと思います。

 

では、一体何が大きく違うのか。

それは、マウスの滑り方です。

 

マウスの滑り方がプレイに大きな違いを生む!

スポンサードリンク

私は今まで、SteelseriesRazerSteelseriesの順番で買い替えてきました。

あくまで個人的な所感であり、また、メーカーの中でもバリエーションがあることからも一概には言えませんが…。

Razerのマウスパッドはとにかく滑りがよく動かしやすい

Steelseriesのマウスパッドは止めたいところでしっかり止まる

と思ってもらっていいと思います。

 

どっちが良くて、どっちが悪いというのもありません。

Steelseriesのマウスパッドは、表面を触るといかにも「繊維」って感じがします。この繊維感がマウスをしっかり止めたいときに大きな役目を果たすのです。

それに対してRazerは、表面に樹脂で固められているような触り心地で、ヌルヌルしています。(ベタベタなわけではない)

 

最初にRazerを使ったときは、本当に布なのか疑ってしまうほどに滑りが良かったので、かなり驚きました(笑)

 

プレイスタイルでマウスパッドを変えよう

プレイスタイルによって、マウスパッドの利点を生かすことができます。

 

早速ですが結論を書いてしまいます。

ハイセンシの人はしっかり止められるSteelseries

ローセンシの人は滑りがよいRazer

がおすすめです。

 

ハイセンシ(特に振り向き10cm以下)になると、細かくAIMを合わせる必要が出てきます。

 

逆にローセンシの人は、AIMがあっていないところから撃たれた時などに、大きくAIMを動かす必要があります。

 

スポンサードリンク

大きいマウスパッドが必ずしもいいとは限らない

大抵どのFPSゲームでも、ランカーの方々は大抵”超”が付くレベルでローセンシの人が多い気がします。

 

実際ローセンシの方が、敵に照準が合う範囲が大きくなる(振り向き10cmの場合に敵の範囲が1cmならば、30cmの時は3cmとなる)ので、理にかなっていると言えるでしょう。

 

そのため、特にFPSゲーマーの人は、大きなマウスパッドを買い、ローセンシにする傾向がありますが、すべての人にとってそれは正解といえるのでしょか。

 

マウスパッドを大きくして、ローセンシにするとどのような問題が起こるでしょうか。

 

マウスパッドが大きくなり、ローセンシにすると、必然的に左手と右手が離れて、不自然な姿勢になってしまいます。

勿論全く気にならないという人もいるでしょう。そうであれば問題ありませんが、肩幅より広がると若干違和を感じる人もいるはずです。

 

対策としては

・ハイセンシに振って可動域を小さくする。

キーボードをテンキーレスの幅が小さいものにする

などがあります。

実際に自分の環境で試してみるといいでしょう。

ゲームをしない人にはマウスパッドは必要ないのか?

ゲーマーの間では、布製の大きなマウスパッドはもはや必需品ですが、ゲームをしない人がゲーム用のマウスパッドを使うメリットはあるのでしょうか?

僕は、あったらすごい便利だと思います。

 

普通の人が使うマウスパッドといえば、裏にスポンジが貼ってある小さななものであったり、あるいは机に直置きという人もいますが、そういう人は、一度安いのでもいいので布製のマウスパッドを使ってみてください(笑)

 

僕も、始めてゲーミングPCを買ったときに初めて使ったのですが、その滑りやすさや大きさによってもたらされる快適感に感動した覚えがあります。

 

まず、マウスを持ち上げて戻す必要がなくなったこと。

今までのとても小さなマウスパッドでは、画面の端から端までポインタを持っていくのに大きさが足りず、持ち上げて治す必要がありましたが、その必要性が一切なくなりました。

 

ゲーミング用は派手な物も多いですが、Steelseries等のようなシンプルで場所を選ばないデザインもあります。

私としては、ゲームをする・しないにかかわらず、一度使ってみてほしいです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください