コスパ抜群の実用的グラボ「Radeon RX570」

PCゲームといえばグラボ、グラボといえばnvidia…といった風に、現在ではnvidiaがグラフィックボード界隈を大きくリードしています。

 

確かに、今のnvidiaには、shadowplayなどのゲームなどで使いやすいユーティリティ、販売数の多さなど、売れるべくして売れている理由がたくさんあります。

 

しかし、グラボの価値はそれだけではないのです。今回は絶対的性能では劣るものの、魅力的な「美しさ」を備えた「Radeon」についてレビューしてみたいと思います。

コスパ攻守最強!「ASUS Radeon RX570」レビュー

今回の商品:ASUS Radeon RX570 STRIX (4GB)

「アプライドネット」さんで1万9000円で売られているのを見て衝動買いしてしまいました(笑)。ASUSのROG STRIXシリーズの製品です。RX570にはメモリ4GBと8GBの製品がありますが、8GBのメモリを使う前にGPU自体の性能がネックになるだろうと考え、今回は安い4GB品を買いました。

RX570の前に使っていたグラボ:Palit GTX1060のレビュー

謎のグラボ「Palit」コスパ最高のマイナーメーカー

外観

スポンサードリンク

まずは外から見ていきましょう。大きさは全長が大体24cm弱、幅はケース側のスロットを少しはみ出る程度、厚さも普通の2スロット分で、普通のグラフィックボードと同じくらいの大きさです。黒色のプラスチックで複雑に成型され、真ん中にアクセントのLEDロゴが付いています。

RX570のASUSでの最高級モデルではありますが、流石に2万円台前半のモデルなので、裏面の基盤はむき出しで保護パネル等はついていません。

RX570の補助電源は元々6pin*1ですが、このモデルはオーバークロックモデルなので、8pin*1になっています。

ゲーミング性能

このグラボと比較的性能の近いGTX1060 6GBを並べました。基本的に、ゲームではクロックの高さが重要になります。1060と比べると、RX570はクロックが低くて消費電力が高い…と、全くいいところがないように思われるかもしれません。

しかしここでは書きませんでしたが、RX570はGTX1060に比べて、シェーダープロセッサを1.6倍、演算ユニットに関しては約3.5倍の数を積んでおり、残念ながらゲームにはあまり生きてこないものの、マイニングやフレーム補完を含む動画鑑賞などでは無類の強さを発揮します

こちらは「グラフィックボード ベンチマーク」(http://gpu.fantasyearth.org/)さんのページで、GTX1060(3GB&6GB)とGTX1050ti、そしてRX570を比較した図です。

3Dmarkのデータを基にしている値ですが、コストパフォーマンスではRX570は優れているものの、消費電力を見ると、やはりNvidiaが優勢です。

 

実際に使ってみた感想

まずグラボを変えて初めて感じたのは、画面がかなり鮮明になっていることです。特に赤がくっきり表現されていて、同じ液晶かと疑うレベルで鮮明に映ります。

そして、Radeonの代名詞になりつつある「Fluid Motion」ですが、これは人によって感想が異なるかもしれません。Fluid Motion自体、やっていることはフレーム補完と変わりないので、スポーツなどの激しく動く動画ではあまり効果を体感できません。反対にアニメ等の二次元コンテンツにはかなり強いです。

 

そして、消費電力を見てわかっていたことですが、ゲームをした時の発熱がNvidia比でかなり大きいです。

AVAなどのライトゲーでは全く問題ありませんが、cities:skylinesをすると、すぐに80℃くらいまで上がります。それを阻止するためにファンを早めに、強く回すと、(あくまで個体差だと思いますが)ファンから「カタカタ…」という耳障りな異音が止まらなくなります…。

スポンサードリンク

総評

ガチでゲームをする人はまず選ばない方がいいでしょう。

確かにコストパフォーマンスはいいように見えますが、消費電力が高いため、電源代を考えるとあまりメリットはありません。

私のような、ガチではやらないけど、たまにライトなゲームを流す位の人であれば、画質の良さやFluid Motionなどから、十分満足のいくグラボであることは間違いありません。

追記:Radeonの録画・配信ソフト「Radeon ReLive」についてレビューしました。

Radeonはゲーム配信に使えるのか?検証してみた。

スポンサードリンク

3 Comments

よっさむ

お返事ありがとうございます。両方お持ちの方の率直な意見大変参考になりました。そのご様子だとラデオンのほうが好感触のようですね?自分はそんなに長時間ゲームしないのでラデオンでよさそうです。リンク先の商品教えていただきありがとうございます。大変助かりました(^^♪

返信する
よっさむ

radeonに変えて画面が鮮明になったとのことですが、geforceの時限定レンジになって色がくすんでたということはありませんか?鮮明になったのは動画の発色なのでしょうか?デスクトップ画面では変わらないという意見をよく見ました。自分はどっちを買おうか迷っていてご意見伺いたいと思いまして質問させていただきます

返信する
magical_sein4

返信が遅れて申し訳ありません。コメントありがとうございます。
Geforceの時の限定レンジ等の設定については、おそらくフルレンジで設定されていたと思います。Radeonに変えた直後も、黒がGeforceの時と特別違うとは感じませんでした。
発色について、あくまで自分の所感ではありますが、「明るい赤がより鮮やかに発色されて、その対比で黒がより黒く見える」といった風に感じています。AviutlのアイコンなどのRGB(0.0.0)に近い黒だけをを見ている限りでは、Geforceの時と違うといった感覚はありません。
この発色の良さについては、通常のデスクトップ画面でも、誰でも明確にわかるというレベルではありませんが、発色の違いを私は感じています。
動画で鮮やかになったという意見に関しては、私は「赤などの明るい暖色系の色が黒とのコントラストを際立たせる効果が、映像などの色彩や明暗が頻繁に入れ替わる場面で、より効果を確認しやすくなるために、逆に効果が出にくい(静止画の)デスクトップで体感できない」というように解釈します。

色の鮮やかさなどは、モニター、ケーブル規格(DVI、HDMI等)、設定、個人差など、いろいろな要素に影響されますが、今回の私の例ではそれらの要素には変更を加えていない中で、色の違いを体感できました。
個人差(色の映り方、好み)はどうしようもありませんが、ゲームに不向きなことと消費電力が大きいことを除けば、色以外でも魅力的な要素がたくさんあります。(特にユーティリティソフトがわかりやすくて良かった)
現在アプライドネットで、2万円ポッキリで買えるセールが行われています(2018/9/10時点で終了確認済み)。もし購入するのであれば、こちらで買うのがおすすめです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください