RTX2080のコスパは良いと言えるのか?

Nvidia恒例の、既存製品との比較グラフを使った発表を行わなかったことから憶測を呼び、価格の判明や、ベンチマークの流出で様々な議論を起こした「RTX2080、2080ti」シリーズ。

今までとは違い、「レイトレーシング」コアの設定など、将来に向けた新機軸を搭載した、ある意味「イロモノ」とも呼べなくもない今回の新製品群ですが、グラフィックボードの最も生きるゲームの世界で、RTX2080はどれくらいの性能を誇るのでしょうか。

リークしたデータなどから検証してみたいと思います。

悪くはないが価格が高い!RTX2080の性能

まずは、簡単にスペックをまとめた下の表をご覧ください。

2080tiに関しては、値段も性能もてんこ盛りって感じで、1080tiと比べてもさらに一つ分価格帯が上になっています。

クロックがそこまで高くないうえ、

特にオンラインゲームでは間違いなくオーバースペックなので、オンラインゲームのプレイヤーの人の中では、これからも選択肢には入りにくいかもしれません。

そう考えると、ゲーマーにとって本命となるのが、RTX2080です。

グラフでは現状、価格帯的に対抗となりそうなGTX1080tiを並べてみました。

1080tiに比べると、クロックが早くなって、メモリ速度も若干早くなり、消費電力が45wも下がっています。

しかし1080tiに比べると、メモリ容量が3GB少ない点も見逃すことはできません。

そして、こちらはNvidiaが発表した、GTX1080とのゲームベンチの比較です。

PUBGなどでは約1.5倍の性能が出るとは言っていますが、すでに1080の時点で、フルHDでPUBGをする時には十分なFPSが出るので、現状に満足しているのであれば、特別買い替える必要もないでしょう。

なんといってもネックは価格

スポンサードリンク

このRTXシリーズの当面の難点になりそうなのは、なんといっても値段です。

為替だけではなく、運送費などもかかるので、日本では高くなってしまうのは仕方がないことですが、今回の場合だと、現地価格と比べて、約1.6倍の価格で日本に流通することになります。

実際に現状わかっている範囲では、

2080tiは18万円から、2080は13万円前後からになりそうです。高すぎますよね。

事前の予想からも、コスパや消費電力を除いた絶対的性能では、1080tiから1割程度しか伸びていない2080に関しては、正直初売りから特攻するのはかなりリスキーだと思います。

現在使っているグラボで満足しているのであれば人柱待ちがベストかもしれませんね。

RTX2070の販売価格は?いつ発売?

すでに上のグラフには記入済みですが、10月発売予定のRTX2070の値段を、2080tiと2080の初売価格から予想してみました。

2080tiと2080の現地価格の単純換算と、実価格の差は約1.6倍ちょっとです。

2070も同じような価格差になるとすれば、2070の初売り価格は、

推定¥89,730です。

性能的には、前の世代のGTX1080に近いスペックですが、今1080が6万円台中ごろから買えてしまうので、レイトレーシング対応や消費電力の少なさを考慮しても、2万以上の差は大きすぎると思ってしまいます(笑)

RTX2080を買うべき人・そうでない人

この結果を元に、2080を買ったときに恩恵を受けられる人、受けられない人をまとめてみました。

・RTX2080を買うべき人

4K画面で美麗なグラフィックを堪能したいオフラインゲーマーの人は、2080などを買ったときに大きな恩恵を得ることができそうです。

というのも、元々1000番台のグラボは、4Kでのゲーム時の性能があまり高くないため、4Kを楽しみたいという人にとっては、2000番台はかなり魅力的な製品です。

また、現在は最適化の関係で使える場面が少ない「レイトレーシング」についても、将来オフラインゲームで主流になる可能性を十分に秘めているため、将来への投資という側面もあります。

・見送った方がいい人

オンラインFPSゲーマーの人は、人柱待ちや価格が下がるのを待ってから、購入を考えたほうが良さそうです。

理由はいくつかありますが、

  1. FPSなどでは、FullHDで十分で、4Kに強い2000番台の特性が生きてこないこと。
  2. レイトレーシングという技術が、ラグにシビアなオンラインFPSに向いていない技術だから(光線や物体への光の当たり方を、1個ずつ計算して表現する、いわば「ごり押し」のような技術で効率が悪いため)
  3. そもそもコスパが悪すぎる

などの理由が挙げられます。

スポンサードリンク

まとめ

確かに「レイトレーシング」などの、最新技術が搭載されていて魅力的ではあるが、今プレイできるゲームで、値段にあった活躍をしてくれるかについては、かなり疑問がある。

「絶対にすぐ手に入れたい!」という人以外は、価格が落ちるのを待ってから考えた方がいいだろう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください