Windows10で簡単スクリーンショット!「Screenpresso」

皆さんはパソコンでスクリーンショットを取るときはどうしているでしょうか。

何も入れていない状況だと、画像データに起こすまで時間がかかって大変です。

インターネットでソフトを探そうにも、いろいろあって大変ですよね。

そこで今回は、ワンプッシュで手軽、そして簡単な編集までできる高性能なスクリーンショットソフトを紹介します。

 

Windows10をソフトで簡単スクショ!

Screenpressoのダウンロード方法

スポンサードリンク

まず、下のリンクからダウンロードページへと行きます。

https://www.screenpresso.com/download/

リンク先には、「Latest version」と「Enterprise deployment」の二つが用意されています。

今回ダウンロードするのは「Latest version」の方です。

上の画像で赤枠で囲ったダウンロードボタンを押すと、

こんな画面が出てきて、お知らせのためにメールアドレスを要求されますが、ここは「Skip」で問題ありません。

ダウンロードが終わったら、ダウンロードしたexeファイルを実行します

実行するとすぐに、許諾への同意の画面が出てきます。

「同意します」にチェックを入れ、横の言語が「日本語」になっていることを確認し、「コンピュータにインストール」を選択すると、インストールが始まります。

正常に完了すると、アプリが起動し、バックグラウンドで常駐します。

Screenpressoの使い方

①まず、「PrintScreen」キー(初期設定)を押します。

このような画面が現れます。

赤枠で囲われている部分が、スクリーンショットの範囲で、上の画像では画面全体が指定されています。

勿論自分でマウスをドラッグして範囲選択も可能です。

また、上画像のようにソフト側でウィンドウやブラウザ内の画像などを検知してくれるので、マウスをスクショしたいウィンドウなどに持っていくだけで指定することも可能です。

ブログやSNS用画像の編集もこれだけでOK!

この「Screenpresso」の最大の売りは、簡単な編集ができることです

画像をキャプチャした後に、画面右下に現れるキャプチャ画像一覧から、編集を選ぶことができます。

編集できる内容としては、

ペン、文字、吹き出し、図形、モザイク、画像の追加etc

となっています。

個人的には、モザイクを入れられるのが地味に重宝します。

このページの一番最初に入れた画像の赤枠と矢印も、このソフトを使って入れたものです。

スポンサードリンク

まとめ

Windowsなどでスクリーンショットを取るとき、この「Screenpresso」はかなり便利です。

ショートカットキーや画像形式も、設定から変更出来るので、自分の使いやすいようにカスタマイズしてみるといいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください