PCゲーマー必見!セキュリティソフトの選び方!

PCゲーム、特にオンラインのFPSなどでは、1フレーム、1FPSが馬鹿にならないくらいシビアに影響してきます。PCの軽量化、安定稼働を目指すうえで意外と大きくかかわってくるのが今回のお題、セキュリティソフト

セキュリティソフト単体ではともかく、常時常駐しているため、私たちの気づかないうちに悪さをしていたり…。

今回は、ゲームをする上でのセキュリティソフトの選び方について説明していきます。

セキュリティソフトの基礎知識

スポンサードリンク

もはや有料セキュリティソフトは不要!?

今、私たちには把握しきれないほどたくさんのセキュリティソフトが世界中で開発、発売されています。最近では無料セキュリティソフトも増え、Windows10ではついに標準で搭載されるまでになりました。

実際私たちは、その製品の中でどの製品が優れているのか、公平な数値で見る機会は中々ありません。

https://thehikaku.net/security/08hikaku1.html

THE 比較さんのサイト

このページは、日本でシェアの高い有料、無料のセキュリティソフトの検知率などの比較データを見ることができます。

ここで見るべきなのは、「ONLINE」の数値です。このONLINEの数値は、現在セキュリティソフトに求められるインターネット上の脅威に対する検知力を現しています。

実際にONLINEの数値を見ると、有料・無料問わずすべてのソフトの検知率が99.8%以上となっており、この分野での有料・無料の差はもはやないといっても過言ではありません。

「OFFLINE」の数値は、USBや光学ディスクなどからのウイルスに対する検知率なので、それらの機器の使用機会が減った現在ではあまり気にする必要はありません。

逆に正常なソフトに悪さをすることも

検知精度の高い現在のセキュリティソフトではありますが、それでも相性問題は残っています。

その中でも有名な例の一つがAVAとマカフィー。AVAは無料FPSとしてはメジャーなゲームであり、マカフィーもメジャーなソフトではありますが、この二つの相性は最悪です。

具体的な症状についてですが、AVAのクライアントが起動する際にマカフィーが悪さをして、「接続中…」の画面から先に一切進めなくなってしまうのです。その際マカフィー側でウイルス検知されていたり、また何らかの警告だったりが出てくるわけではないのですが。(私の場合はAvastに戻したら解決した)

これはあくまで一例であり、マカフィーが悪いというわけではありませんが、ゲームとセキュリティソフト次第ではパフォーマンス悪化などの相性問題もあるのは忘れてはいけません。

スポンサードリンク

ゲーマー向けのセキュリティソフト

Win10なら標準のDefenderで十分

Windows10から標準搭載されたDefender

Windows10を使っている人なら、標準搭載のWindows Defenderで問題ありません。

このDefenderは、標準搭載だけあって比較的軽量で、ウイルス検知も決して悪くありません。ゲームなどとの相性問題も特には聞かないので、こだわりがなければこれで十分といえます。

無料のAvastも使いやすい

今現在Win10以外を使っていたりする人におすすめなのが、Avastです。

無料セキュリティソフトとして有名なAvastですが、さすが有名なだけあって無料ソフトの中では一番優秀です。

軽量かつ分かりやすいインターフェイス、申し分ない検知率と、すべての面で高次元で安定したソフトであります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください