Radeon RXシリーズが安い!そのゲーミング性能は?

最近のグラフィックボード界のトレンドはやはりRTXシリーズでしょう。しかし、絶対的性能にこだわらないミドル帯で見ると、Nvidiaの独壇場ではないのです。

RTXシリーズ登場に伴い値下がりしているGTX1000シリーズですが、それ以上の値下がりをしている製品が存在します。それがRadeon RX500シリーズです。

スポンサードリンク

Radeon RX580はゲームで使えるか

スポンサードリンク

RX580の性能

このRX500シリーズの中でも今一番アツいのが、RX580

最近発売されたRX590が性能の割に値段が下がらないため、ほとんど性能が変わらずに安い580はかなりお買い得です。

気になるゲーミング性能は、GTX1060と同等かそれ以上!

1060と比べるとやや消費電力が多いのが難点ではありますが、メモリ8GBというのも最近のゲームの風潮(PUBGとか)を見ると、優秀だと思います。

RX580の気になるお値段

先ほど述べてように、1060越えの性能を誇るRX580。

お値段はなんと、最安2万3000円!

それ以外の製品も、大体2万5000円あたりで売られています。

対抗のGTX1060は最安2万7000円から。性能を考えるとかなりお得であることは明白といえるでしょう。

ゲームだけにとどまらない魅力

ゲーミング性能を踏まえたコスパだけが魅力ではありません。

最近ではインターフェイスも進化し、NvidiaのSyadowplayと同等のバックグラウンド録画・配信ソフト「Radeon Relive」も搭載されています。

また、これはRadeonオンリーの機能ともいえる「Fluid Motion」を使えば、アニメなどを60FPSでヌルヌルにして楽しむことも可能です(再生ソフトや設定が必要)。

1万円台後半のRX570もお買い得!

そして1ランク下のRX570も、580ほどではないにしろ魅力的な商品です。

肝心の性能は1050tiと1060の中間。

補助電源がないモデルもある1050tiと比較すると、消費電力はやや高めですが、1050tiを上回る性能や、前途の付加機能も併せて1万円台後半で買えるので、ライトゲーマーにうってつけなGPUかもしれません。

RX570については、過去に実際に使用してレビューをしているので、次の記事もぜひご覧ください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください