ブログタイトルはSEOに効果があるのか?

基本的にSEO対策といえば、1ページごとに対象のワードをしぼり、Googleなどの検索で上位に表示させることを言います。

逆にブログタイトルに関しては、こだわりや画一化の防止など、いろいろな意味でSEOを考慮しないつけ方をしている人も多いと思います。

では、実際ブログタイトルはどれくらいSEOに効果があるのでしょうか。今回は、このブログ「PCまとめ@せいな」を例にして解説します。

ブログタイトルが集客を左右する!?

スポンサードリンク

早速ですが、「Google Search Console」から、検索パフォーマンスを見てみましょう。検索パフォーマンスでは、どのワードが検索されたときに、自分のサイトがどれくらい表示されて、実際にどれくらいクリックされたか、を知ることができます。

これが2019/3/10日時点での検索パフォーマンスです。

上画像の赤四角はブログタイトルと完全に一致しているもの、黄色は一部が一致しているものです。

断言します

ブログタイトルはSEO対策に大きな効果があります!

ぶっちゃけた話、「PC まとめ」という検索ワードが意外にも狙い目のワードだったようです。

ブログの「格」が上がると影響が大きくなる

先ほど「ブログタイトルはSEO対策に大きな効果がある」と言いました。しかし、同じSEO対策でも、単純な1記事のSEO対策とは異なる部分が多いので注意が必要です。

ブログを始めるとき、知名度が0、いわば「格のない」状態からスタートします。格のない状態では上位表示されにくいので、当然競合の少ないニッチなワードで集客を稼いで、「格」を上げていきます。

Googleなどの検索エンジンでは、「より検索条件に近いもの」「ブログの歴史が長いもの」「ブログの更新が最近であるもの」が上位に表示されやすくいなっています。

この中で「ブログの歴史が長いもの」が、先ほどから言っている「格」の正体です。いくら検索結果に近いからと言って、まだその記事しか出していないような新しすぎるブログは、信憑性が高いとは言えません。

そして「格」が高くなると、ブログのすべてのページが上位に表示されやすくなります。

格が高くなってやっと、SEO対策に適ったブログタイトルが上位に表示されやすくなるのです。

スポンサードリンク

トップページから集客する利点

個別記事と違い、トップページから集客する大きなメリットがあります。

それは、トップページからの訪問者は直帰率が低いということです。

個別のSEO対策記事では、調べたかった内容を知って、そのまま満足して直帰してしまう訪問者が多くなります。

しかしトップページ経由の訪問者は、比較的直帰率が低い傾向にあります。

理由としては、トップページはあくまで個別記事への導入部であることが挙げられるでしょう。

そしてトップページからの集客を考えている人は、訪問者にたくさんの記事を読んでもらえるように、トップページやサイドバーなどの動線の最適化も忘れずに。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください