2019年決定版!Ryzenおすすめパーツ&構成

少し前までは「ゲーミングPCを作るならIntel」とされていたのも昔の話。Ryzenシリーズの進化によって、自作PC界ではAMDが大きなシェアを持つようになりました。

これから自作PCを作るうえで、Ryzenは選択肢の一つとして外せない存在ではありますが、世代や対応チップセットなど、煩雑で分かりにくいという人も多いと思います。

このページでは、「Ryzenで組みたいけど組み合わせなどに自信がない」「どうやったらより安く仕上げられるの?」。そのような疑問に一からお答えします。

※ただいま暫定公開中です。構成については後程加筆修正などを行います。

2019年、Ryzenのいろは。

スポンサードリンク

それでは早速、2019年、Ryzenで自作する際に気を付けたい情報を紹介します。

CPU、マザーボードの選び方

現在選択肢となる世代は2つ

今現在RyzenCPUを選ぶうえで選択肢となるCPUの世代は2つ。

一つは現行(最新)の第三世代(3600x、3700など)、そしてもう一つが一世代前の第二世代(2600など)です。

とくに今年7月に発売された第三世代は、ゲームにおいてもコスパでIntelを凌駕する性能を持っているため、今から組むのであれば第三世代を選ぶのが無難といえます。

しかし、第二世代も少々劣るものの、6コア12スレッドが1万5000円で買えるRyzen5 2600など、価格を最優先すれば十分選択肢となりえるでしょう。ただし、第二世代は旧世代となっているため、在庫の動向次第では終売や価格上昇の可能性も否定できません。

マザーボードの選択肢は多種多様

マザーボードのチップセットでは、3つの選択肢があります。

第三世代発売と同時に発売されたX570、第二世代用でBIOSアップデートで第三世代にも対応するX470、B450です。

しかし、X470は現在製造されていないので、新規に組む際はX570かB450の二択になります。

細かいことを言わず簡潔に言うと…。

第二世代や3600(X)、3700(X)で組みたい→B450

3800以上のCPU、オーバークロックしたい→Z570

と考えて大丈夫です。

B450は「第三世代対応」や「BIOSアップデート済み」と書いてあるものを選びましょう。

一つ注意すべき点を挙げるとすれば、B450は基本廉価版の位置づけであるため、本格的なオーバークロックをするためには電源周りに不安があることでしょうか。

また、X570にはPCI-E4.0対応という利点がありますが、現状PCI-E4.0対応の製品がほとんどないので気にしなくて大丈夫です。

CPUクーラーは用意しなくていい?

3700Xまでだったら問題ないです。それぞれについてるクーラーで(定格なら)冷やせます。

ただ、うるさいのが嫌とか見た目が云々という人は買い替えましょう。

余談ですが、3700Xには上のようなLED付きのクーラーがついてきます。結構美しいので、おひとつどうぞ。

Ryzen2019年おすすめパーツまとめ

※各商品の現在価格は商品ごとのAmazonリンクで確認できます。広告をOFFにしていると商品画像とAmazonリンクが表示されません。

CPU

Ryzen5 3600


世代 第三世代
コア(スレッド) 6(12)
TDP 65W
通常クロック 3.6GHz
ブーストクロック 4.2GHz

第三世代のエントリーモデル的な位置づけの商品で、今迄のIntelでいえばCore i5のような存在です。

PUBGなどのオンラインゲームであれば、基本的に3600で性能が不足することはありません。


Ryzen7 3700X


世代 第三世代
コア(スレッド) 8(16)
TDP 65W
通常クロック 3.6GHz
ブーストクロック 4.4GHz

先ほどの3600と比較すると、コア数とターボクロックが一回り強化されています。それでおいてマザーボードはB450を使えるのでコスパも悪くありません。

3600では不安な人、よく配信をする人は3700Xを入れておくとコア数などを含めて幸せになれます。

余談ではありますが、あくまでゲーム用途では、3700X以上の3800や3900を使ってもFPSはほとんど伸びないとされているため、ゲーミングPCではその分のお金を他のパーツに使うといいでしょう。


Ryzen5 2600


世代 第二世代
コア(スレッド) 6(12)
TDP 65W
通常クロック 3.2GHz
ブーストクロック 3.6GHz

こちらは一世代前の2600です。クロックなどを比較すると3600などとは見劣りしますが、魅力は何といっても1万5000円で買える(10/5時点)コスパのすばらしさです。

クロック云々といいはしましたが、ゲーミングPCとしても十分実用範囲内です。ただし旧品であるため、在庫等には細心の注意が必要です。


マザーボード

MSI X570 Gaming Plus


チップセット X570
対応TDP
フォームファクタ ATX

第三世代すべてのCPUに対応するX570マザーボードです。X570でもピンキリですが、こちらはエントリーモデルに近いと思われます。

早速おすすめしといてアレですが、正直3700XまでならB450のほうがコスパも高いしいいのではと思います。まだPCI-E4.0対応製品ほぼないし。


ASUS TUF B450M-PLUS Gaming


チップセット B450
対応TDP ~95W
フォームファクタ MicroATX

恐らくB450の中で最もコスパがいいマザーボードです。

10/7時点で8000円を切る値段はもちろん、名前にGamingと入っているように品質も良好です。電源周りのヒートシンクなどを見ても、到底8000円を切るマザーだとは思えません。

余談ですが、たいていPCを組む時、マザボをMicroATXにすると若干安く組めます。

見た目さえ気にしなければゲーミングPCは9万で作れる


ASRock B450 Steel Legend


チップセット B450
対応TDP ~95W
フォームファクタ ATX

B450の中で最も品質が高く、個人的におすすめなマザーボードの一つです。

何と言っても電源周りが非常に高品質なパーツで固められており、ある意味これが壊れたら仕方ないと思えるレベルで信頼できます。

こちらもMicroATXにすると値段が下がるので要チェックです。


グラフィックボード

GIGABYTE GTX1660 WINDFORCE 6G


チップ GTX1660
メモリ 6GB
補助電源 8pin*1
出力端子 DP*3、HDMI2.0*1

PUBGなど流行のオンラインゲームを普通にこなしてしまうミドルロー帯の商品です。

一応シングルファンにするともう少し安くなりますが、騒音や熱などを考えるとデュアルファン以上が安定だと思います。


MSI RTX2070 GAMING


チップ RTX2070
メモリ 8GB
補助電源 8pin*1+6pin*1
出力端子 DP*3、HDMI2.0*1、USB-typeC*1

レイトレーシング技術に最適化されたRTXシリーズの中で、それなりにコスパがよさげな2070からピックアップ。

これより安い玄人志向のものがありますが、評判が香ばしすぎるので却下。

ちなみにMSIでは、GAMING「G」がついてるものがクロックアップモデルです。


SAPPIRE RX590 NITRO+ 8GB


チップ RX590
メモリ 8GB
補助電源 8pin*1+6pin*1
出力端子 DP*2、HDMI2.0*2、DVI-D*1

GTX1070(GTX1660ti)に肉薄する性能を2万強で叩き出すコスパお化けグラボ君です。

なお、消費電力と発熱もお化けなのでご覚悟を。


CPUクーラー(10/7追記)

上ではなくても問題ないとは言いましたが、やはり静音性や性能を気にする人のために、念のため書いておきます。

サイズ  虎徹Ⅱ


空冷クーラーで長い間親しまれている虎徹Ⅱです。

3700xまでだったら静かに冷やしてくれます。


DEEPCOOL GAMMAXX L240 V2


簡易水冷もいろいろなメーカーが出していますが、DEEPCOOLのはまあまあ評判もあり、おまけにASUS、MSI、ASRock、GIGABYTE四社のLED制御に対応しているので紹介します。

一応覚えておいてほしいのは、簡易水冷は消耗品だということです。使用するうえで2~3年で変えるものと思っておきましょう。



電源

Thermaltake Smart 600W -STANDARD-


メーカー Thermaltake
最大出力 600W
80+認証 Standard
サイズ ATX
出力コード取付方法 全部固定式

こんなに安くていいのかお前。

最初に見つけたとき桁間違えてると思ったくらい安いです。おまけに安いわりに評判もそれなり。ミドルローまでならこれで十分でしょう。過度な期待はするんじゃねえぞ…。


関連記事

2019年コスパ最強の自作PC電源はこいつ一択だ!

ANTEC NEOECO GOLD 750W


メーカー ANTEC(中身はSeasonic)
最大出力 750W
80+認証 Gold
サイズ ATX
出力コード取付方法 セミモジュラー

1万円以下で買えるそれなりの品質の750W電源です。

これの売りは何といっても、電源の中身がSeasonic製であることです。Seasonicといえば自作界隈でも長くにわたり高品質で親しまれた老舗。

7年保証付きなので、保証書は大事に保管しましょう。


スポンサードリンク

2019年Ryzenおすすめ構成

お待たせいたしました。これからは管理人が考えるRyzenのベスト構成の紹介となります。

なお、以下の概算ではOS抜きとなっています。ご了承ください。

①コスパガン振り!OS抜き7万円台PC

  品名 価格(10/5現在)
CPU Ryzen5 2600 ¥15,242
マザーボード ASUS PRIME B450M-K ¥7,344
グラフィックボード GIGABYTE GTX1660 2xファン ¥28,263
メモリ TEAM DDR4-21300 8G*2 ¥7,480
電源 Thermaltake Standard 600W ¥4,388
ドライブ1(:C) SAMSUNG 860EVO 500GB(SATA) ¥7,051
ドライブ2(:D) SEAGATE 2TB(5400rpm) ¥5,866
ケース Thermaltake Versa H17 ¥2,869
合計   ¥78,503


見た目とかケチれるところはケチりましたが、肝心の性能や耐久性はそこまで削ってないのでご安心を。個人的にはこの価格でメモリ16G+SSD500G+HDDも詰めたのがすごいと思いました。(小並感)

とりあえずこれさえあればPUBGやその他諸々のオンラインゲームは普通にプレイできます。

OSに関しては大々的には言えませんが、ヤフオクでプロダクトコードが買えます。あとはUSBにMicrosoft公式HPから持って来たWin10のISOを焼いてフィニッシュだ!

 

構成は思いつき次第追加します。更新にご期待ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください